節分・・・

節分に近いのですが

 

最近 

あたしも 鬼よねぇ・・・って思うことがある

 

無論 

我慢して 注意して 我慢して 我慢しての 暴発なんだけども

その一撃が 酷いなぁ と思う

たぶん筋が通ってしまってて 逃げ場がない

もしくは 無理矢理でも筋を通して 逃げ場がない

 

仕方ないんだけど

自分だって人のこと言えた義理か などと

反省モードに入ってしまって滅入る・・・

 

注意したり 説明したり 交渉したり 抗議したり

依頼したり話きいてるうちに 行動パターンとか見えてきてしまい

育った環境とか 長男だとかもなんとなくわかって

そのうち 

 

あー言ってもダメだ 無視しよう 無視・・・   

しかし 断交できないんで さらっと見てるフリ 聞いてるフリ

(ここまで書いてどっかの国のことか と思ったワ・・・)

 

無視するか 一撃か 上の人に言うか・・・・・・・・・

あああ お付き合いしたくない 自分は絶対正しいと思っていて

あさって方向でお金を搾取してるだけか

利益どころか足をひっぱる人ぉぉぉぉぉ

 

 

なんだろ なんか似てる 東アジア情勢と

 

逸れましたが 

豆まきして 心の鬼を諌めよう(勇めちゃったりして・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チープな・・・

"投稿を書いてるうちに気が晴れる"

 

内容は

国政や大きな自治体は 町内会じゃない ってことと

犯罪なのに 学級会式に 反省して終わる 事件多いな ってことと

わが県の県知事にがっかりしました ってことと

お母様方の危機管理が後手でびっくりするわ ってことと

日本語通じないお若い方 ほんとすみませんですけど仕事の担当降りていただけないでしょうか って話でした

 

まあね 

みんな 価値観は違うのだから どれも否定はできないのかもだけど

ついていけないし 疲れるし

 

早く引退したいなぁ と言いつつ

ちまちま しょうもない商売のアイディアを試したりして

どれも 小額な商品を扱うネタばかりで

結局 小銭好き なのだろうなぁ と思います

それを知人に言うと

「確かに小銭って楽しい 大金はよくわからない」と

この方結構収入あるんですが節約家

大金は振込だから実感がないんだと思います

 

屋台やってて じゃらじゃらと 硬貨が増えると

なんとなくしあわせになってくるんですよねぇ 

実際は

赤字とか利益は2600円でした みたいなオチなのに・・・

 

貧乏=しあわせ という ブーイングされる 持論があるのですが

 

なんで貧乏がしあわせかと言うと

足りないわけだから

家族とか夫婦に いたわりとか 助けてるって感覚があるんじゃないかなぁ と

足りない中 誰か家族のために我慢したりすることは 愛なんじゃないかと

 

所得の高くない人と結婚してチャリンコでスーパーのレジのパートに行くって言うのが

20年来の夢でして

足りない分 パートに行って助けてる感

助けてくれてありがとね感 を味わいたかったワケです

 

今では御免ですけど

もう愛は得られない生活をしてるんで

 

でもどこかで愛ある生活に巡り会えたら

旅行も行かない デパートも行かない

外食もしないで 家でお茶飲んで過ごしたいなぁ と

そういう生活こそがしあわせだと やっぱり思う

お天気なだけでしあわせだし  花が咲いただけでしあわせ

 

不思議ですが わりとチープとも言える夢は叶わないのですよね

潜在意識のどこかで止められているのだろうか・・・

 

ま 愛ある生活は無理なんで 淡い期待は捨てて

旅行にも デパートにも行くし

マセラティ乗りて〜 (絶対ムリだけど)などと 

分不相応な願望をつぶやいています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんちゅう・・・

年末に

隣家のおじさんがお亡くなりになり

お葬式をしないとか

身内の方もご近所さんに挨拶もなかったとか

田舎では講家とか講中みたいな株内的なものがあるので

色々決まり事とまではいきませんが

地域の常識というのがありまして 突飛に逸脱するとご近所との不調和を醸してしまう

 

 

お世話しているご近所のおじいさんが年末に

『お金がないから葬式やらないって講中に言ってくれと言われた』と連絡に来られ

『家から出ていかないといけないかもしれない』と言ってたという

 

家を追い出されることと親の葬儀は なんとなく別の問題の気がして

日々のもやもやが鬱積してるんだなぁと思った

 

年末に このおじさん 

ゴミで散らかった庭をヨボヨボと少しだけ片づけていて

中にはワタシが口論の末投げ捨てたものもありまして・・・・・・・・(負の感情・・・・・)

 

なんか 人間の人生なんてあっけないなぁと

冬でも下着とオムツ一枚で外に出ていて

脚は壊疽のようになっていましたが

 

娘さん数年に一度くらい来てたのかな

遠くはないんですよ

 

近所の方でお見送りはしたようなのですが

施設に入っていたおばさんも見送ったらしく

「お父さんが死んでしもうて・・・」と泣いて すごく可哀想だった・・・と

 

変人で通っていて 息子がおかしくなったのも 

お母さんが精神的におかしいからじゃないかと思われてて 

ご近所さん方は 事情を把握できるのかしら と思っていたんだと思う

 

だけど たぶん推測するに 子供のように泣いたんだと・・・

 

人生ってなんなんだろうなぁ

 

晩年は 子や孫に囲まれて幸せにくらしたい と思うけど

どれくらいの人が そんな幸福の中にいるんだろうなぁ

 

波瀾万丈だったけど 家族と仲直りして 旅立ちました とか

家族で看取れました とか

施設の方に良くしてもらって とか

それ 普通って思ってたけど

少ないのかな

 

 

 

 

 

 

他力・・・

昨日 美容院に行きました

顔が大きいので 耳の横をふくらませてって

どこの美容院でも もう何十年も言ってます

 

今行ってる美容院は 基本的には上手いと思うんです

でも 意思疎通がねーーーー

 

4時間かかって

ミッキー吉野になりました

 

気の合う美容師さんが出産で辞めてからは

いい美容師さんに巡り会えず

ヘアスタイルが決まったことはないかも?

 

どの美容師さんでも出来上がると

ボリュームが下ぶくれの位置まで下がる

流行だとしてもやめてね と言っても

ヘアカタ見せても・・・・・

 

今回は なんでか カタログの隣のページで仕上がってるかも

疲れてるのかなぁ・・・

 

しかも デジパかけてるから ダメージひどくて 

かけ直すのも得策じゃないよねぇ

 

こんな感じって説明したカタログの写真はパーマ等かかってなかったのだけど

デジパかけるって くせ毛的なものを直すのかと思ってたら

ぐるんぐるん

 

で 美容師

毎朝 カーラーで巻け という(パーマ失敗したと気付いたな・・・)

 

その巻き方が サザエさん・・・・

サザエさんのヘアスタイルって完成型じゃなくて

朝巻いたカーラーを取り忘れてるのか ???

 

 

おシャレじゃないタイプのわりに パーマ失敗が気になって眠れない・・・。

 

"パーマ"  "失敗"でネット検索したら

美容師さんに相談しましょう って出るけど その美容師が信用ならんのに 

 

ああ そうだ

美容師さんに期待するからだ。。。。

 

師とか士のつく人って "プロ"ってことだと思うんですが

そーでもないなーって人が割と多いような気がするんですよねー

 

歯医者とか

美容師とか

司法書士とか・・・・・・・・・・・・

 

近所のおじさん とか おじいさん と思えば

ストレスは少ない

 

そだそだ 近所のおじさんにパーマかけてもらった割には上手い ^^

 

無精だから たまには鏡見なさいよってことか

他力で 美しくなるなんて考えずに 自分でやらなきゃね・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

不当誘引とか・・・

HP制作講座に通ってまして

試作のHPを作るのですが 本業(広告制作)のHP作りたくないし

最近始めた 屋台のHPをつくることにした

 

"アクセス"も"コンタクト"も入れたくないし(連絡もらっても困るし)

「新規のお客さまのご依頼は承っておりません」と入れ(知らない人に会うのヤだし) 

更に商品ページは非表示にして(安くて本業さんからクレーム言われても・・・)

アドレスを知ってる人じゃなきゃ辿りつけなくしてみたり(ほんとひっそり・・・)

 

で講師に

「うちアジトだから 知られなくていいの 新規のお客さんしんどいし 

最終的には たい焼き屋かタコ焼き屋になる」 と言ったら

 

ではブランディングを って話しをされ

「いえいえ要らんす 道ばたで やってるかやってないかの

ごく普通のたい焼きかたこ焼を売る 

もぉ疲れたんです  仕事も ウソばっか作ってるようなもんだから ツラいです」って言ったら

『広告ってそんなもんですよね』って

(さすが講師は稼ぐ人・・1時間3万貰わなきゃ仕事として成立しないってことだったし)

 

うん まぁ そこそこの会社のプラバシーポリシーは ワタシが書きました とか

HPの企業のモットーもフィクションです みたいな。。。

 

まぁね それでいい商売もあるけど

たとえば 老人施設なんか 

経営者がコンサルや広告屋の丸投げした理念なんか

ほんとツラいわけで

 

広告って いまでは

供給過多な製品商品を売るために

イマジネーション駆使してるわけど

 

もういいんじゃないかな 

物を売る時代じゃないのかもしれない

 

たい焼き屋やって 充分な収入は得られないと思うのですが

たい焼き屋1個売ることで

売った方は平和をもらうというか

 

たぶん 日本人の多くは 物的には充足したのではないかなと思うのです

ショッピングモールだって 人は多いけど買物してないような気がするし

物が多すぎるのだよ。。。

あふれてるのだよ。。。

過剰な供給品を 捌くには広告も必要だけど 

その広告がまた多い多い多すぎる・・・

 

最高の広告は

写真はそのままに キャッチコピーは入れない

誘引なんかしない ありのままだけ

そういうのが作れたらいいなぁと思う

 

話が少し逸れますが

先日 ハンティングワールド(バブル時代のオッサンの印みたいなものですが^^;)の

アウトレットのお店で 素敵なバッグを見つけてしまって

結構高かったので 決断できなくて 

後日 S嬢に着いてきてもらい どんなか見てもらいました

 

最初に欲しかったものの他にも 良さそうなバッグを見つけてしまい

どっちも買おうかなぁ って(内心、清水の舞台・・・)言ってたら 

 

『買えばいいじゃないですか はっきり言って これ2つでも 

プラダのお財布くらいですよ 

いや、お財布は、買えないかなー』って      ^^;;;;;;

 

2つで定価24万くらいが 11万くらいだったのですが

(歯1本12万でも驚かないのですが 歯が悪いので)

ポシェットがディスカウントされて5万なんですよ。。。。

定価でも5万のバッグなんて買ったことない

バッグの上限は36000円と決めている

 

びっくらこいたけど

まあ あふれた供給過多から気にいるものを見つけられないのに

広告による誘引もなく

こんなオッサンブランドで巡りあったのだから運命だろう

 

大人なんだからそれくらい買って普通 というありがたいS嬢の励ましによって

カードで買いました。。。

 

それでも昔から

貧乏=しあわせ という公式がありまして

なかな抜けられません。。。。。  あはは〜 ^^;;;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ああ・・・

遠い親戚のオジさんが 母と同じ病っぽい

うちの庭の世話をしてくれてるのだけど

数ヶ月前 義理の高齢の継母さんを看取って

一生独身なのだけど

だから 病院から帰るのに家族がなく うちの父に頼んできたらしく

まだ 皆 気付いてないんだけど

 

事情を聞いてたら

ああ もうダメかも。。。。。と

 

毎年 剪定に来てて

来年もそうするつもりらしく

 

人生って なんなのよ・・・・・

 

その方 70歳くらいだから

普通には一生はそんなもんなのかな

 

今が 超高齢化社会なだけで

 

人の為に生きた一生が 

急に店じまいになるのを見たくない

まだわからないのだけど 

寄り添う人がいないって悲しい

なんとか何でもなかったということであってもらいたい

 

一日存分にわがままに幸せに生きて

人生に飽きて死んでしまうくらいが 周囲も楽だ。。。。

 

刹那的に生きてしまっている自分だっていつ死ぬかわからないし

 

しかし心平和でいて欲しい

古い我が家は古い写真がいっぱいあって 

子供のころから 再々山のような写真をひっくり返してみてたいた

その中に子供の祖母と一緒に移っている小さな女の子 

◯◯さん と聞いていた 誰やねんと思っていたのだけど

祖母の妹だった おばあちゃん妹いないじゃん って思ってたけど

若くしてお亡くなりになってたと わりと近年知りました

それを そのオジさんが 見せて欲しい と言われ

そのオジさんの 実母が この◯◯さんなのかと 初めて認識

あげれば良かったのだ

年末探してみようと思う

病気じゃなかったとしてもそうしてあげるべきだ

実母がいなくてずーーーっと生きて来た人生なんだもん

ああ 悲しい

ああ 何事でもありませんよう。。。。。

 

話変わって

今年 マイブームは 『メルカリ』なんです ^^

 

ヤフオクと違って やりとりが楽なのですが 

コメントのやり取りも 簡単がゆえ 感情がシンプルというか

約款のように長い改まった印象の但し書きを読まなくていいし

 

そういう但し書きの裏には 

購入者はクレーマーかもとか 

相手を黙らせる というような印象も感じて

どこか鬱陶しい

 

高額商品なら いざしらず

断捨離しているようなものは 簡単なやり取りで良いのだろうと思うけど

発送時に問題発覚してもそんなにトラブルにならない気がする

 

ヤフオクとは前提が違うのだろうけど 

今年はメルカリのやり取りで

凄く癒されました

 

なんでか 荷物の雰囲気さえ違って見える

 

ポチるとAmazonのようにやってくる荷物

売ると送るのもめちゃくちゃ楽になってる

 

そういう シンプルな使い方が

シンプルなコミュニケーションを生んでるのかなぁと思う

 

深く洞察する日本人は妄想で悪人を作るだでな

 

ああ 人生は 悲しい 楽しい 繰りかえしなのか

 

 

 

 

 

 

 

 

北風・・・

北風と太陽って話がありますが

 

隣家に昨日宅配業者が2回ほど来まして

また車庫のゴミのハシに置きっぱなのですが

今朝見てみたら

猫のケージが2箱分でした

(ちなみにゴミの中にもケージあるけど。。。)

 

そっち方向じゃなーーーい

 

この辺り一帯は 多分 準過疎地なので

車も まぁ人通りもですが あまりないのです

で 家は 古いおうちが多いので

母屋 離れ 離れ 蔵 倉庫 みたいな 構造になっていまして

田舎なので70坪くらいの家はザラだと思う

 

ゴミで ほとんどのスペースが奪われているけど

 隣家も 基本平屋で45坪くらいあるんじゃないかなぁ

 

片づけて室内で飼うとか

管理して飼えるだけにして外にも出すとか

そういうのがよかったのだけど

 

片づけない

ケージで飼うって

 

注意した身では すっごいイヤな気分。。。

 

うちの子たちの身内の猫なんだろうと思うのだけど

なんでこんなことになってしまう。。。

 

田舎って 高齢ニートも多いし

快適な暮らしは悪くらいに思ってるし

 

この構造って

大正生まれが財を成して

その子供が成功した親に従い その頃には日本は高度成長期で

またのその子供も親に従わせようとして

逃げ後れた子供(親の価値観に従った人)が ニートになってる

で親子仲が悪いのだけど

 

多分原因は 時代は変わったのに昭和初期の価値観が正しいとまだ思ってるところ

 

そこへ 逃げた子供の子の世代が一部帰ってきているのだけど

 

こんどは自由すぎて夜中に爆音鳴らしたり

自宅で夜中までゴミ燃やしまくったり 

 

ガラの悪い場所なんじゃないかと思ったりするけど

一応 割と良い場所で

それが故に私たちの親の世代と 私たち世代の少し前の世代は 

家 のために生きたようなもんじゃないかな

 

現に伯母達は格だの品だの言ってたし

とにかく素材の見極め力は凄い

別に今はうちもボロ屋ですけどね

ワタシも結婚してないので 家が絶えるという恐ろしいことやってるワケで

家問題では体壊すくらいの軋轢だったのですが

今はもうあまり思ってないですけど

 

自分も中学か高校くらいまでは

外出する許可を祖父母にとっていた記憶がある

用事の内容と経路

帰宅すると報告

面倒だなぁと思っていたけれど

 

結局 大学くらいで 悪く言えばグレたかも

家の望まぬ進学就職をして 結局逃げたかも

 

少しズレたけど

なんだか こじれ過ぎているのと

各家の高齢者が地域の権限を握っているのに

自由の恩恵も少しある時代だし

そんな感じの根深い問題が隣家問題の一端じゃないか と

 

60歳くらいの男性で独身で猫飼って とか多いんですよね。。。

 

自分もその女性版かも