不当誘引とか・・・

HP制作講座に通ってまして

試作のHPを作るのですが 本業(広告制作)のHP作りたくないし

最近始めた 屋台のHPをつくることにした

 

"アクセス"も"コンタクト"も入れたくないし(連絡もらっても困るし)

「新規のお客さまのご依頼は承っておりません」と入れ(知らない人に会うのヤだし) 

更に商品ページは非表示にして(安くて本業さんからクレーム言われても・・・)

アドレスを知ってる人じゃなきゃ辿りつけなくしてみたり(ほんとひっそり・・・)

 

で講師に

「うちアジトだから 知られなくていいの 新規のお客さんしんどいし 

最終的には たい焼き屋かタコ焼き屋になる」 と言ったら

 

ではブランディングを って話しをされ

「いえいえ要らんす 道ばたで やってるかやってないかの

ごく普通のたい焼きかたこ焼を売る 

もぉ疲れたんです  仕事も ウソばっか作ってるようなもんだから ツラいです」って言ったら

『広告ってそんなもんですよね』って

(さすが講師は稼ぐ人・・1時間3万貰わなきゃ仕事として成立しないってことだったし)

 

うん まぁ そこそこの会社のプラバシーポリシーは ワタシが書きました とか

HPの企業のモットーもフィクションです みたいな。。。

 

まぁね それでいい商売もあるけど

たとえば 老人施設なんか 

経営者がコンサルや広告屋の丸投げした理念なんか

ほんとツラいわけで

 

広告って いまでは

供給過多な製品商品を売るために

イマジネーション駆使してるわけど

 

もういいんじゃないかな 

物を売る時代じゃないのかもしれない

 

たい焼き屋やって 充分な収入は得られないと思うのですが

たい焼き屋1個売ることで

売った方は平和をもらうというか

 

たぶん 日本人の多くは 物的には充足したのではないかなと思うのです

ショッピングモールだって 人は多いけど買物してないような気がするし

物が多すぎるのだよ。。。

あふれてるのだよ。。。

過剰な供給品を 捌くには広告も必要だけど 

その広告がまた多い多い多すぎる・・・

 

最高の広告は

写真はそのままに キャッチコピーは入れない

誘引なんかしない ありのままだけ

そういうのが作れたらいいなぁと思う

 

話が少し逸れますが

先日 ハンティングワールド(バブル時代のオッサンの印みたいなものですが^^;)の

アウトレットのお店で 素敵なバッグを見つけてしまって

結構高かったので 決断できなくて 

後日 S嬢に着いてきてもらい どんなか見てもらいました

 

最初に欲しかったものの他にも 良さそうなバッグを見つけてしまい

どっちも買おうかなぁ って(内心、清水の舞台・・・)言ってたら 

 

『買えばいいじゃないですか はっきり言って これ2つでも 

プラダのお財布くらいですよ 

いや、お財布は、買えないかなー』って      ^^;;;;;;

 

2つで定価24万くらいが 11万くらいだったのですが

(歯1本12万でも驚かないのですが 歯が悪いので)

ポシェットがディスカウントされて5万なんですよ。。。。

定価でも5万のバッグなんて買ったことない

バッグの上限は36000円と決めている

 

びっくらこいたけど

まあ あふれた供給過多から気にいるものを見つけられないのに

広告による誘引もなく

こんなオッサンブランドで巡りあったのだから運命だろう

 

大人なんだからそれくらい買って普通 というありがたいS嬢の励ましによって

カードで買いました。。。

 

それでも昔から

貧乏=しあわせ という公式がありまして

なかな抜けられません。。。。。  あはは〜 ^^;;;