考えてみれば

幼い頃から殴る蹴るの今で言う

ちょっとした虐待を受けて来たんだが

自覚があまりない

アザが消えないうちに新しいのができるなーって

何の悲壮感もなく眺めていたし

 

逃げ込んだ部屋のガラス戸は割られ

鍵は曲がり、痕跡は家にあるのだが

特に変わったこととも認識されてない

 

PTSDの発作も40代後半まであって

今はない

理由は新しいPTSDを持ったからだけど

こういうのも訓練なのか

5年も経てば新しいPTSDもない

 

小学校から帰ればとりあえずは

意味は分からず

父に叩かれ、土間へ落とされ

散々、蹴られ

その間、何でなんだ?と思いを巡らせるばかりで

だんだんと、自分は悪人だと言うストーリーを

自分に擦り込ませて、だから仕方ない、として

いかに自分が悪人かを様々な角度で決めつけて

暴力、罵詈雑言を受け入れて凌いだ

 

反抗出来始めたのは高校生くらいのとき

 

拒食症やパニック障害にもなったので

 

典型的な毒親だったのだと

最近、わかる

今でも横暴極まりない

 

しかし世間には好々爺

自分の親が毒親なんて夢にも思わない

 

よくある構図

 

でもな

嫌いな子どもに当たり散らすのは

普通かなとも思うこの頃

嫌いなヤツにどうしろ、と

 

搾取子って言う呼び方を最近知ったけど

すごく腑に落ちる名前

反面 妹が愛玩子なのかな

見た目でも真反対だし

姉妹でこんなに容姿が違えば仕方ないよな

可愛がってくれた祖父母に対しても

もちろん父母にも申し訳なさが募る

自分の子でも自分が嫌いだろうと思う

容姿も態度も中途半端な学力も

毛嫌いするに十分だと思う

 

親に愛されなかったと苦しむより

親は子どもを愛するかどうかはわからないって

教えればいいと思う

 

snsなどでの温かな子育ての投稿や

親は子どもを愛するって言う

ホントは違うっぽい大前提

 

こういうのに迷わされなければ

苦しみは少し軽いはず

 

それで そっち方向じゃなくて

自分が幸せになる方を向いた方がスマートだわよ

と思う

 

ムダな努力しない