コンビニか。。。

ずっと昔

不動産建設メーカーグループに勤務してた

当時の先輩方はもう少しで定年

有能な人は早々に開業して

ほとんど失敗してないはず 

中には取引の桁が2つ上行く人もいるはず

 

そしてまた今開業ラッシュかも

それでオープンする場所がなぜか

不動産業で密集するところに出そうとする

 

仮押さえ中のテナントに新たに開業予定してる

知人の会社が入れば

4軒、歩いていける距離

かつ、全部、知人

 

さらにどの不動産屋さんも

そのスタッフが辞めてまた開業

 

コンビニか、美容院か、歯医者か、不動産屋か

といった状況

 

建設系より不動産業を開業するobが多い

手数料商売だからだと思う

 

誰か打破しないのだろうかと思う

口利きだけで莫大な手数料が入る

 

そういう時代は終わりが始まるはず

なかなか得られない情報になってしまったが

アメリカの正義を見ていて思う

日本人も堕落してしまった

 

取引は対等であるはずが

富の多いものに従う世界になってしまい

また富ませるために広告会社があり

 

漠然と広告業が嫌いになっていたのは

零細な事業でも

嘘っぱちのお手伝いに嫌気がしていたのかと思う

 

教育勅語的に

アメリカの真の愛国心的に

真っ当に暮らそうよと思う

 

出来ることからはじめなければ、と思う